シナリオ始めました

初めてシナリオ書きました。誰かに読んで貰いたいので、ブログで公開します

無料画像ばかり使って

作者 A.FURUTA

 ブログを書く時必ず画像を差し込んでいます。

 もちろん無料画像から探しています。タダのものがあるのにわざわざお金を出して買いません。

 お金持ちですか、あなた。

 このブログも無料コースです。

 ネットでブログの始め方を読んでから始めたのですが、初期設定が大事らしいです。

 無料コースは、似たりよったりになる。素人くさい?

 素人なんです。まあいいか… 無料コースで。お金もったいないし。遊びだもんね。

 人の言うこと聞きませんねえ、わたし。そのブログ読んでいきなりお金かけちゃった人がわたしのコレ読んだら愕然とするでしょうね。

 こだわりなど無いのです。そもそもどうやってこだわるのかも分かっていません。

 とりあえず最低限のセッティングだけして、いきなり始めちゃいました。

 書き溜めたシナリオを発表したかったので。後から何とかしよう。

 まだ、何ともしていませんが。

 しかし、シナリオに画像はつけたい。

 あつかましいですか?

     

 各ブログごとにサムネイルに使うため、内容を想起させる画像が必要です。よく分かってないくせにそういう所だけはこだわるんですね。

 そういう意味では、フェイクニュースしか載せないネット芸能誌、記事にした芸能人ご本人の画像が使えず、外人の OH!NO 画像を載せていますが、内容を想起させますね。

 作者: NEOヤジ1970

 ご本人の画像が使えないなんて、もう芸能記事とはいえませんが、勝手に画像を使ってもし訴えられたら、即行削除、賠償金支払いですからね。たまには記事書かせてもらった芸能人の方々にお金支払った方がいいと思いますが。

 

 ところで無料画像を提供して下さるカメラマンさんは名前を売り出すために無料にして下さるのでしょうか?いつもありがとうございます。

 それと、モデルさんたちはどういった人たちなんでしょう。割とお芝居上手いし、顔も個性的でイケています。タダで使わせていただいているのです、褒めとかないと。外人はまぁ、コレ読まないからいいか…

 ずっと画像検索していると 「プレミアム会員のおすすめ」がしょっちゅう出てきます。

 あなた、たいがいに有料会員になったらどうですか?と言われているような気がします。

続きを読む

お金を配る人(落語)

 つい最近twitterに流れてきた記事です。

 

[http://

:title]

表を書いた人(13) むかけご (@kkkkkkkkkk024) / Twitter

 見過ごすことの出来ない記事です。 

 図にした方がいたように、私はこれを落語ふうにしてみました。

 これで理解していただければ幸いです。

 

 ちょっと抜けた感じの若い男が何か言っています。

「あぁーお金配りおじさんがお金くれないかなー」

 そこにネットで見たお金配りの記事。

 抽選でお金あげるよ。

 ちょうだい。ちょうだい。

 さっそく彼は応募します。現実にこういう話があったから、疑いもしません。

 すると2万円当たったから口座番号教えて。の通知がきます。

 ✕✕✕ー✕✕✕✕✕✕。

 彼、いきなり口座番号教えちゃいましたねえ。

 すると彼の口座にドカンと200万円が振り込まれてきます。

「ひいいぃぃ」

 さすがに驚きますよね。

 するとまたまた彼にメールが、

 ー間違えて200万円送っちゃったから、返して。

 良かった、変なお金じゃなくて。

 変なお金なんです。

 ー現金で○○駅まで持ってきて、手数料で10万円あげるから。

 まあ10万円くれるなら…

 

 そのちょっと前、ある老婦人の家に突然電話がかかってきます。

「おばちゃん、どうしよう」

「どうしたの○○ちゃん」

「事故って、慰謝料200万円が今すぐ必要なんだけどどうしよう、そんなお金ないし」

「大丈夫よ○○ちゃん、おばあちゃんが出してあげるから」

「本当?」

 おばあちゃんは偽物の孫に言われるままに、先ほどのお金配りで2万円当たった彼の口座に200万円振り込んでしまいます。事故の相手だと思って。

 彼は自分の口座に振り込まれた見知らぬお婆さんの大切な200万円のお金を自分で引き出し、振込詐欺グループに指定された場所までわざわざ現金にして持って行ってあげるのです。

 10万円もらえると思って。

 そこで、振込グループの一員と見なされ、警察に逮捕されてしまいます。

 口座、彼のですもんね。

 これを考えた人は、そこにはいません。一歩も動きもせず、電話でお婆さんをだまし善意の第3者を操ってお金を手に入れる…

 そもそも詐欺は許せないけど、本人がまったく危険な場所へ出向かない構図なのがハラ立ちます。

 せめて動けよー。

 わたしの言ってること、おかしいですけども。

 だまされた息子さん、どうなるんでしょう。愚かだとは思いますが、刑事罰を受けるのはあまりに可哀そうです。

 何とかなりませんかね。

 それと、もう被害者が出ない事を願います。

続きを読む

あたしゃ知ってるよ

 昔スーパーの駐輪場で謎の老婆にこう言われたんです。皆さんもそんな経験の1つや2つおありですよね?

 妖怪”あたしゃ知ってるよババア”です。

 やましい事はしていません。一体何を知ってるというのでしょう。気になります。

 スーパーと言えば目玉商品。お客を呼ぶために採算度外視で卵なり、マーガリンなり、小麦粉なりを安く販売してくれています。

 え、卵1パック100円⁈

 行かいでか!

 スーパーも目玉商品だけ買われては儲かりません。目玉を出す日を刻んできます。

 卵は火曜、油は水曜とか。全部網羅するためには、毎日行かねばなりません。

 

 こっちも暇じゃないし!(自己都合)

 対抗するためには1回につき特売品3個くらい買って、次の週には別の曜日に行ってまた別の特売品を3個くらい買わねばなりません。

 ”おひとり様1個かぎり”と書いてあるぅぅ…

 まあ、ケチね。(どっちが!)

 赤ちゃんづれの人なんか、赤ちゃんも1人の計算で2パック取ってるし。そうそう、赤ちゃんも卵食べるよねー10個くらいペロッと。 

 3回並ぶか…。ウチの赤ちゃん大きくなっちゃって、ついて来ないし。

 同じレジだときまりが悪いので違うレジに並ぼうとすると、

 いつの間にかレジが1つしか開いてなぁぁぁい!

 まあ、覚えてないでしょうけど。

 念のため同一人物に見られないよう、帽子やめがねをかけたり、外したり。特売商品だけじゃ悪いのでそれ以外の物も、分けて購入。

 この労力、他の方向に使いなさいよ自分!

 そんな努力をして手にいれた卵をしまおうとして、お婆さんに言われたんです。

「あたしゃ知ってるよ」と

 このことなら良いですが何か他の事と勘違いしている可能性もあります。

 今でもずっと気になっています。

続きを読む

what’s happening?

       いきなりそう聞かれても戸惑います。

 何か間違ったと思っていったん消しましたよ。

 Twitterで初投稿しようと開いたらこれがでてきたの~。

 甘ったれてもだめですけど。

 ここから書いて下さい、と言ってほしい。翻訳機能を使ってみました。

 ーどうしたんですか?

 そっちこそ!

 Twitterを始めて3か月くらい経ちました。正確に覚えてないけど。お金も使わず楽しませていただいているのです。文句言っちゃいけませんよね。

 世の中タダのものなどない、何か仕組みがあるのです。どなたか、奇特な方が「ほら、これで庶民どもを楽しませてやりなさい」ポン!と100億ドル…

 企業広告は一切フォローしていません。タイムラインに流れてくる企業広告も全部ミュートしています。

 ミュートもあまりよく理解していません。ブロックは受付ないようにする、ミュートは見えないようにする?

 あってますかね?

 儲かるのか、Twitter社?

 よくわからないままにプロフィール画像を設定、背景も取り込んで。もはやどうやったか記憶にない…

 そして、制限文字数ギリギリまで自己紹介してしまったプロフィール、「プロフィール」

 リツイートを覚え、「リツイートを覚え」

 そこに自分のtweetを貼り付けるQuote Tweet(引用リツイート)「Quote Tweet

 いいね、だかフォローだかよく理解しないまま、いきなり60人くらいフォローしてしまった、あの日、「あの日」

 でも、そんなに間違ってなかったよ…

 面白いtweetには返信マークを押して勝手にtweetに返信。見知らぬ人がtweetを読んでいきなり感想を言うって、結構恐怖かもしれない。

 今もやってますが。

 そもそもTwitterでしゃれたtweetを読んでしゃれた返しをしてみたいって願望があったんです。面白いtweetがいっぱいあるから。返事をしてくれたらもう、最高!

 写真も貼り付けてみた。

 これだけど↓

 うちの息子、スイカの黄緑のとこが好きなんですよね~

 Twitter社、翻訳機能改善せえよ!

 偉そうでした、ごめんなさい。

続きを読む

今の子供も壁新聞くらい書く

   

 人には記事を書きたい欲求でもあるのでしょうか。

 今思うと友達が書いた壁新聞がきっかけだったかもしれません。

 わたしが小4だったと思います。友達の家に遊びに行った時、家の壁に彼女の書いた壁新聞が貼ってあったのです。読むと、新聞の中のクイズに家族が(おばあちゃんまで)答えを書き込んであったのです。残念なことに最初の人が正解を書いたため、全員正解というつまらない結果に。ただ、友達が勝手に貼った新聞に、家族の優しい反応があったのが羨ましかったのです。

 真似してみました。

 当時みんな読んでいた小学館の学年雑誌には、小学生新聞的なものが載っており、見慣れていました。

 出来ます。

 鉄腕アトムの内部構造図をドカンと真ん中に配置(私の趣味です)赤塚不二夫風4コマ漫画、自分で相談して自分で答えるセルフ人生相談、好きな歌の歌詞(著作権侵害)、クイズ、広告(もはや意味わからん)ニュースどこいった。

 勉強せずにコレに打ち込んだため、かなり充実した紙面です。今の子供なら、PCに打ち込んだり画像も取り込んだりして、より本物に近づける努力をしたかも知れません。

 子供がそこまでやるかい、と思うでしょうが子供をなめてはいけません。しつこいタイプの子供ならやります。

 昔のしつこいタイプの子供だったわたしはすべて手書きでしたが。実際の新聞を参考にしたため、裏表書いてしまい壁に貼れなくなりました…

 仕方なく学校に持って行くと、意外にも大好評。男子まで読んでくれ、クイズの答えを求められました。

 その新聞は5部くらい出した記憶がありますが、ネタ切れで辞めてしまいました。

 やがて机にしまい込んで新聞の事などすっかり忘れていたある日。

 両親が仲良く何か読んでいたのです。元々仲は悪くないですが、そんな光景は珍しい。

 フッ、と見たらわたしの新聞でした。

 母親には「続きは?」と聞かれ。

 父親には「将来、新聞記者になったらいいじゃん」と言われました。

 親バカです。

続きを読む

棚卸しって何ですの?

 棚卸しをご存じですか。

 お店の貼り紙で見るあれ、

 ”8月20日は棚卸しのため休業いたします"

 何のために!

 ザックリ言うと棚卸しをすることで商品の把握ができ、後の仕入れに活かすことができ、在庫を最小限にすることにもつながるんだそう。

 わー固い、読むの止めよー、と思ったあなた、待って、まだ待ってよう。

 これからだから(何が)

 昔は2月8月は近所のスーパーや書店で棚卸しのための臨時店員を店頭の貼り紙で募集していました。昭和かよ!いいえ平成のお話です。

 大手はチラシ募集ですが、チラシより効率的です。よく来てくれる客のほうが店の商品を把握しているからでしょう。わたしもよくやりました。

 段々景気が悪くなり、どの店も店員さんだけでやるようになったようで、貼り紙も見なくなりました。

 棚卸しはいつも行くスーパーの裏側が見られるチャンスです。

 棚卸し作業は、複数人のチームで実施するのが一般的です。多くの企業では、2人でペアになり、1人が在庫を数え、もう1人がその数を書きとめるという流れで行って行きます。

 見知らぬ商品の商品名や値段を知るのは中々楽しい作業です。そして、結構な在庫を抱えている商品も知れます。災害時にたよりになりそうなスーパーです。
 その時、食器を扱わなくてよかったです。たぶんそこそこ壊してると思うので。
 本屋も行きました。本の棚卸しは本好きには嬉しい作業です。同じく本好きの友人を誘って2人ひと組になったため、かなりはかどりました。
 本屋も人を見るのか、ファッション誌コーナーには配置されません(被害妄想)
 高校生のバイトが多いため、おばさん2人組はエロコーナーも任されます。2人だと何か平気。おかしなタイトルにお腹の中で大爆笑です。家に帰ってからも笑っていました。
  他のひとたちより早かったので、CDコーナーも任されました。
  ここでおばさん大失速。
  横文字ばっかり。どっちがタイトルでグループ名なのか分からん。背表紙の字が小さい…
 老眼なんです。
棚卸(し)
[名](スル)
 1決算などの際に、商品・製品・原材料などの在庫を調査して数量を確かめること。資産評価を含めていう場合もある。        
続きを読む

画面は縦にひび割れて

 先日どなたかがスマホで撮った月がSNSに投稿されていました。月のクレーターが写っている!

 最近のスマホは凄い。

 まだ2つ折携帯を使っています。それどころか、以前の携帯も現役です。今年3月で3G携帯が使えなくなると言うのでイヤイヤ替えた( 言い方!)だけなので、それがなければまだ以前のままのを使っていました。

 家電は説明書ガン見派です。二つ折りとは言え、アラーム、タイマー、辞書、電卓、カメラ、カレンダー、ボイスレコーダー、メモ帳機能と使い倒していました。

 冷蔵庫だって付属品の分解の仕方まで読むんですよ。

 忘れるけど。

 そして、壊れるまで使います。今のところ床に5回ほど落として画面に筋が入っていますがそれ以外は大丈夫です。

 パソコンがあるのでインターネットはつなぎませんでした。回線利用料1か月1000円前後の携帯会社が全く儲からないユーザーです。

 結局新しい携帯は通話とショートメールとカメラ機能だけ使い、未だに古い方を愛用しています。壊れていないから。

 新しい方の携帯の通話機能などほぼ使っていません。 

 便利は便利ですが携帯を電話として全く使ってない。回線利用料払うのがバカバカしいくらいです。でも持っているのはわたしが持っていないと、他人が困るからです。

 特にメモ機能はゴロゴロしながら文章を書くのに最適で、壊れるまで使おうと思っています。壊れても今持っている新しい2つ折りを使うのですが。

 スマホに換えたらもっと便利なのかもしれませんが、字はちいせいし大きくしたら読みにくいしパソコンで事足りるし、ずっと見ていそうな気がして怖いのです。便利に使っている娘のスマホを覗いてみました。

 液晶画面バリバリです…それで使えるの?

 大丈夫。と言われました。

 何か…親子だなぁと思いました。

続きを読む

悪口なのにベストツイートとは⁉

   

 先日、珍事が起きました。珍事ではなく普通なのかも。(どっちだ)

 ある俳優さんのyahoo検索をしていたわたし。彼の情報を得る為と彼を推す人たちの愛情あるtweetを読むためです。しかし、

 ベストツイート欄に毎度お馴染みの文言の誹謗中傷が載っていたのです。それも数名の俳優さんを一気に中傷するというせこいやり口。悪口のくせにベストとは?

 勿論、胸に響く名文でもありません。

 ベストの意味を検索してみました。

 最もよい、最良の、最も好ましい…どこまで行ってもどこまで捜してもあてはまりません。AIの基準って何でしょう?

 捜した答えが、どなたかが答えた、いいね、とリツイートの数ではないかという事。

 確かにそのtweetには100件ものリツイートが。

 ヤフコメじゃあるまいし、普通悪口にこんなにいいねやリツイートはつきません。

 何か意図を感じます。 

 最初にtweetした方は可愛い名前のゲーマーです。せめて名前だけでも可愛くしたいのでしょうか?たぶんご本人は体がぷよぷよしてるんでしょう。

 呟いているのは、ほぼゲームの事と人の悪口です。一日中ゲームしてる世間知らずのツイです。ただつぶやいただけなら放っておけばいいレベル。時間とともにすぐに消え去っていきます。

 彼(彼女)のフォロワーさんたちが面白半分にリツイートしたと思われます。

 その為、1日以上もベストツイートに居座る結果に。

 ベストでもないのに…

 遊び気分でこう言うことをする人たちはどんな生活をしているのでしょうか。

 フォロワーさん達をひとりずつ確認しました(ちょっと怖いですね)疑問を追求するのがわたしの趣味なんです。

 全員ゲーマーです。さらに彼らのフォロワーさんも見てみようかと思いましたが時間がもったいないです。どこまで行ってもゲーマーの森なんで。

 ウンザリ。

 もう飽きてきました。ゲーム興味ないし。tweetも興味もてません。

 この時点でゲーマーのイメージ最悪です。何もしてないゲーマーにはちょっとすみませんが。

 

 この人たちゲーム感覚でやったな?というのがわたしの結論です。

 TVのハッカーみたいにどんどん探っていって、全員の本名とか顔とか分かるといいのに!そうそう上手くいったら怖いですけどね。世の中何するか分からない人たちであふれてるんで。

 

 何かな。

 AIに血がかよってないのが問題なんですよね。機械的に選ぶだけだとおっしゃっていますし。

 でも本当でしょうか。

 もしこれが「Twitter社株価大暴落」とか「○○社に合併吸収」とかいうフェイクのtweetでも1日中ベストtweetで放っておかれるでしょうか?

 即行削除されるんじゃないかと思います。

 知らんけど。

続きを読む

ひとの人生を否定してはいけない

 私の住む愛知県は大都市名古屋を抱える1大都市圏の中心です。名古屋は6大都市の中で最も魅力のない都市といわれています。

 失礼しちゃうわ。

 交通事故多発地域、死亡全国1位を取ったり取らなかったり。中日ドラゴンズはここのところずっと最下位だし。全国屈指の農業大国でありながら野菜摂取量全国最下位…貧乳率全国ベスト3内…

 うん、そうかも。いやいやいやいやいや。納得したらいかん。

 そんなことないよー。

 

 わたしが子供のころに住んでいた町は朝ドラ見て間に合う距離に保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学が固まって建っていました。ボンヤリしていたわたしは進学するたびにうっかり前の学校に行ってしまう、と言うありそうでなさそうな凡ミスを繰り返していました。進級の度に前の学年のクラスに行くという間違いも時々していたけれども!

 大学も結構大きな大学です。が、ウチの高校の生徒たちは、近所のその大学はあくまでお試し受験で受け、実際には全国に散って行きました。このまま放っておけば一生愛知県から出られません。愛知県には大都市名古屋、トヨタ自動車等の大企業があるからです。

 失敗しても地元がある。

 わたしも気楽に東京の短大に行き、都会生活を堪能もせず、東京にも田舎があることを確認しただけで、何の就活もせずに地元に帰って来ました。地元に就職先がない地方の人達とは根性が違ったと思います。短大は美術系でしたが就職先もあり、そのうち地元の男と結婚しました。

 愛知から出る気まったくなし!断定しちゃいけないですが。

 子供が生まれてから今まで投稿していた漫画をやめ、物語欲を満たすため小説を書き始めました。そのうち作家の中島梓さん主催の投稿サイトに応募した小説がきっかけで、出版社に紹介され、小説家デビューしました。

 そして以前書いたように書けなくなり辞めてしまったのです。

 おまえがそのつもりでも、おまえの過去記事なんか読んでないぞー、というネットのアドバイスを受け、貼り付けておきます。toyodaj.hatenablog.jp

 こんな大きく過去記事を載せたくなかったのですが、タイトルだけ表記がうまくいかなかったので、でかでかと載せちゃいました。自己主張が強い感じになっちゃった。すみませんねえ。

 

 人は必ずしも波乱万丈の人生を歩みません。参考にはならないかもしれません。ぬるい世界で生きているボンヤリした人のひとつの生き方です。

続きを読む

ゆく夏が愛しくて

    

 気が付けば周りの田んぼの稲刈りも半分以上終わっています。今年は雨も多く、うだる様な暑さの日は少なかったですね。気のせいかニュースでも温度計を抱えたアナウンサーが日中の気温を報告する姿をあまり見なかった気がします。

 ゆく夏を惜しむのは楽しかった子供の頃の夏休みの思い出があるからでしょうか。

 

 毎年、子供がいたましい事故にあうニュースを目にします。子供が自立し自分も歳を取った今でも他人事ではありません。

 自分の子供が元気なのはたまたま運が良かっただけなんですから。

 子供は冒険心のかたまり、ずっとピリピリ見張っていては親の神経が保ちません。子供にも伝わります。

 私の子供の頃、男子は2階から飛び降りるのが割と普通でした。2階が今より低い、地面が土、というのもありますが、男子の気質が変わったと言うのが正解なのでは。ちょっとくらいの怪我は親に報告せず、3日くらい経ってから心配になりやっと打ち明けて叱られる。昔の男子も意外と臆病者です。

 意地悪でくだらない事好き、行かなくてもいい危険にわざわざ飛び込んで行く。日本一馬鹿なのが小学生男子だと思っています。そこは今も変わりませんね。女子についてもそんなに変わりませんけれど。カッコつけのために危険な真似をしないだけです。昔女子だった私たちの話はいずれ。

 そんな冒険少年たちの物語、その名もずばり「トムソーヤの冒険」大好きでした。

 真夜中にそっと家を抜け出す。集合の合図はフクロウの鳴きまね。 

 読んだだけでワクワクします。

 子供の時に読んだときには絶対真似しようと思っていました。親にしてみりゃ、とんでもない話ですね。

 結局トムたちは散々な目に合うわけですが、それで懲りる事はありません。生きて帰れば冒険、死んでしまったら、痛ましい事故です。

 馬鹿小学生たちを愛しています。

 愛すべき小学生たちよ、死んでも生き残れ(矛盾)。川で溺れそうになっても、山で迷っても、生きて帰ってこい。

 色々な危険を乗りこえ、今子供たちが生きていてくれる奇跡に感謝です。

続きを読む

わたしのかわりにブログを書いてください

 いまや、自分でブログを書くのは時代遅れだそうです。

んな馬鹿な!

  自分で書くのがめんどくさい。

  更新するのがイヤになった。

  SEO対策ができない。

  ネタが思いつかない。

 凄い理由ですね。夏休みの宿題じゃないんだから。やめたらいいのに。

 前回、”記事 誰でも書ける”を検索したら、エンタメ1記事500円の怪しいサイトに入ってしまった話を書きましたが、それ以来変なおすすめが来ます。

 PVが驚くほど増える記事の書き方。

 うん、ブログ始めるとき読んだよ、書き方分からなくてね。でも、これ論文の書き方ですよね?

 目次とか大見出しとかがじゃまなんですよ。700文字程度のエッセイだから。

 シナリオも、小説も。それがついてると読む気が無くなる。昔の小説は目次と見出しがついていたけれど。雑誌のコラムやエッセイの感じに仕上げたいんですよ。とりあえず、しばらく他の方の小説ブログを読んで参考にしてみます。

 問題はやろうと思えば出来るってこと。でも、まだやり方がわかりません。

 などと書いたもんなら!

 「ブログのカスタマイズならおまかせ」なんてのが出てきます。

 パソコンの中におっせかいな小さいオジサンでも住んでるのか!

 

 かわりに文章書いてくださいってのもありました。

 いいですよ書いても。依頼なりすまし?ですね。面白そうです。ひと記事1000円だそうです。エンタメ記事よりましですね。だれも傷つけないし!ただ、文体も指紋と一緒でひとりひとり違うらしいです。

 じゃあTwitterで悪口書いてる人たちって日本中で全部あわせて30人くらいなんでしょうか。誰に対してもずっと一緒のこと書いてるし。”見ていて不快だ、気持ちが悪くなった、一生でてこないで欲しい…”等。そうだったら嫌だな。ニート30人(決めつけ)に支配される日本って。

 横道にそれちゃった。

 

 いまやブログは話題にあった記事を引っ張ってきて機械が書いてくれるそうです。

 ネット上のコンテンツを瞬時に収集して、誰でも簡単に記事を作れるそうです。みんなそんな程度の記事書いてると思われてるのか…

 自動作成なのにコピー記事にならない、ってどういう仕組み?

 文章で儲けたい。でも文章書きたくない人向けなんですね。ふざけた人が多いですね。

 もう、Youtubeやったらどうですか。

続きを読む

おばさんは足が速い

 前から思っていたのですが、目標をもって走る人とただ走る人では速度が違う、ということ。正月の西宮神社の福男選びの男たちの足の速いこと!でも女も負けていないですよね。

 伊藤健太郎くんが参加した春の藤原まつり、わたしは現地に出向かず、投稿鑑賞で楽しんでいました。行ってないけど十分楽しいな…大勢が投稿してくれるし。1つづつ見れば1日掛かるほどです。

 健太郎くんの義経みたさに走るひとたち、足がメッチャ速い!

 ”義経、女を走らす”です。正確に言うと”伊藤健太郎、女を走らす”です。

 もちろん若い人もいますが、想像よりはるかに中年女性の足が速い!

 たぶん全員、元陸上部です。

 

 かくいうわたしにも経験が。

 昔、同級生が声楽を発表するというので、どーれ花束でも持って行ってあげるか、と友達と相談をし2人で1つの花束を買いました。

 音楽会が始まりましたが、渡すタイミングが分かりません。

 彼はイイ声で高らかに歌っていますが、まったく聴いていません。歌い終わる瞬間を待っているのでそれどころではない。もはや花束さえ渡せれば歌なんかどうでもいい(本末転倒)上品な音楽会なのに優雅さのカケラもありません。

 終わったと思った瞬間、2人で1つの花束を抱えて彼めがけてスナイパースタイルで猛突進、彼が袖にひっこんだら終わりです。

 わたしは別に速くないですが友達の足が速いので、つられて速く走れました。

 静かになった会場を血相かえた女2人が舞台の男に突進です。今のご時世なら取り押さえられています。

 結局、音楽会ラストに花束贈呈タイムがありました……

 

 あの時たぶん100メートル12秒台で走れてたんじゃないかと。

続きを読む

どうしても健太郎

     

 昨日、悲しいお知らせがありました。舞台、巌流島のキャストが発表され、小次郎に中村なんとかという歌舞伎の人が選ばれたのです。残念です。気になるのは演出家が変わったこと。すったもんだがあった、と想像されます。単にスケジュールが合わなかっただけかもしれませんが。

 彼にとって、今めんどくさい俳優であってはいけないでしょう。彼は素直に降りたと思います。

 ものを作る人は気骨のある人が多いです。別の言い方をすれば人の言う事なんか聞かない、へそ曲がりです。これ以上は言いません。もう、決まったことですしね。がんばってください。

 

 Twitterでよく見るいかれた人たち。彼らは健太郎くんの情報があがるたびにプロデューサーや脚本家、監督に自分の言うことを聞かそうと抗議メールをおくりつけて抗議します。

 

 逆効果じゃないでしょうか。何で見る気しないと公言している人たちの言う事なんか聞かなければいけないのでしょう?

 物を買わない人はお客ではないのです。

 

 そしてファンも減りません。

 彼らはやり方を間違ったのです。放っておけば良かったのです。

 そうすれば、待ちくたびれてファンが減ったかもしれません。刺激を与えてしまったのです。迷った子犬を放ってはおけない人たちなんです。

 何でも言えば自分の思いどおりになると信じている輩。どこかの専制国家の将軍きどり。東京オリンピック以来、こういうモンスターに一般人は辟易しています。

 どっから見ても立派な小悪党です。気づいていないのは自分たちだけ。他の人も同じ意見のはず、と言っていますから。

 そのくせ彼らは誹謗中傷という言葉に異様に敏感です。本当の事実をのべることのどこが誹謗中傷かと。だいたい同じことを言います。いつも言ってる事も変りばえしません。誰かの意見の丸コピだからでしょう。たまに自分の意見を言うと支離滅裂です。

 人の悪口を言うとき言葉づかいも雑になります。いくら書いても文章力はあがりません。

 わたしも今日は文章力があがってないですね。

続きを読む

お前の落としたのは銀の斧?金の斧?それとも到着まで2年待ちの名人が作った鉄の斧?

 これは価値観多様化時代の”金の斧銀の斧”のおはなし。

 この場合、木こりの優先順位は、1位.待たずに今すぐもらえる2年待ちの鉄の斧。だって木こりだもの。2位.金の斧。速攻売って、とりあえず鉄斧を買い、残りの金で2年待ちの斧が届くのを待つ。(結局鉄の斧)3位.銀の斧。銀マニアならレプリカとして部屋に飾り、ときどき磨いて楽しむでしょう。(オタクもいる)

 価値観多様化の時代です。物をほしがる基準は人それぞれ、欲張りが金を欲しがるとも言えませんよねえ。

 でも、泉に住む女神(時代遅れ)はそんなこと知りません。さすが女神様、お美しい。お優しくて神々しい、と尊ばれたい。そして、もちろんそれくらいでは斧は渡しません。彼とイカゲーム的なことをして遊びたいのです。

 ずっとチャラついた嘘つきばかり続いたのでイライラしていたのです。金目当てで女神を見ようともしません。久しぶりに来た朴訥そうな若い男。タイプです。地獄に突き落とすも天国に召喚するも彼女の気分しだい。女神のSゴコロをそそります。

 少しくらい遊んだっていいじゃないですか。正直だと褒めたたえ、欲しがっている金の斧を与えましょう。

 でも、木こりにこう言われるのです。

 鉄斧返して下せえ。明日から木こり出来ねえだよ。

 

 女神なんてモテません。めんどくせえですから。

続きを読む

まいじつはブログなのか

 三流芸能記事ってたいがいハラが立ちますよねえ。自分の事でもないのにこんなにハラが立つって事は、ひどい記事書かれたタレントさんや俳優さんは、はらわた煮えくりかえっているでしょうね。あまりしつこいと病気になるかも。責任はとってくれないでしょうが。

 もし、責任取るとしたら誰なのか。

 ”まいじつ 記事 責任者”

 ”まいじつ エンタメ 編集長”

  "まいじつ 告訴事例” 等で検索してみました。

 出てきません。責任の所在が明らかではないのでしょうか。

 記者名は分かりますがただのニックネーム。写真掲載もありません。

 自己防衛だけはしっかりしとる…

 責任者は(株)日本ジャーナル出版 社長 でいいんでしょうか。

 

 ぜんぜん出てこないので、イヤになり

 ”まいじつ 嘘ばかり”

 ”まいじつ 廃刊”

 ”まいじつ 被害者”

 ”まいじつ 嫌い” 等で検索しました。私もひどいですね。

 まいじつをディスる素人の何年か前tweet集が出てきました。細川茂樹さんやDaiGoさんが何か月か前に怒っていらっしゃいました。

 みんな、まいじつに興味ないらしいです…

 

 それにしてもあれ、お金になるんでしょうか。コンプライアンスが大事な昨今、スポンサーなんて付くとは思えないんですが。

 情報がほしかった以前は見ていたんですが、本人の画像がついてないものは100パーセントフェイクニュースだという事実に気づき、今はまったく見ていません。悪い人が書いている記事なんて変なサイトに誘導されるかもしれないし。

 こういう記事を書く人の正体が知りたくて調べたことがあります。

 上から目線の失礼な文体。さも芸能通であるかのような言いぐさ。

 ”エンタメ記事 誰でも書ける” で検索してみました。

 [芸能エンタメ情報の記事作成]が出てきちゃいました。

 1記事1000文字500円だそうです。わたしでも書けるらしいです。写真は無料画像使えばいいもんね。外人のOH!No画像みたいなあからさまに失礼なやつ。

 この方は日本人ですが。結構お芝居うまいですね。

ドラマや映画、AKBやジャニーズなどエンタメ情報好きで事実(噂)をテーマにしつつご自身の主観を追記出来る方ならOK、とな。

 500円の記事を書くのにていねいに取材する人がいるんでしょうか。記事作成に10時間かけたら、時給50円です。10分で1記事書けば時給3000円です。考えている暇すらないです。伊藤健太郎くんの記事でよく見る例の定型文<2020年に交通事故……>も文字数稼げるから貼り付けるんでしょう。これによその人が書いた記事をちょっと手直しして完成です。このスピードなら10時間で60記事書けます。

 60✕500=30,000(円)無神経な記事書いて(貼り付けて)、根拠なく勝った気になり、しかもいい収入です。1日60記事なんて、そんなに需要はないか…

 謎の出版社も既存の記事の一部コピーや流用はNGだと言っています。やる人いるんでしょうね。

 低ギャラのくせに条件があつかましいです。

 なんか書いて送らないと掲載雑誌が分かりませんが、ひっかけかも知れないので送るのが怖いです。出版社(複数?)、ちょっと知りたいですが。

 まあ、そんな雑誌も読む人がいるから成り立つのかもしれませんが。ファンの人は読まない方がいいかも。ビューが増えればまた、推しが記事にされますから。

続きを読む